2017.03.10

老人ホーム紹介センター 〜考える力〜

2月から新しい仲間が増え、彼の視点をあげる為に試行錯誤して教育方法を変えています。

僕の場合は、まずはあえて失敗を経験させます。

理由は失敗から学ぶことが大半だからです。

ダメな人はこの失敗を活かすことができないと考えています。

僕なりにいろいろ社内外で優秀な人を見ると

3つの成長する段階があると思います。

「理解」できること

「一言で発言」ができること

「俯瞰」できていること

「理解」できること

まずは受け止める力を鍛えないといけません。

上司とのやりとりで鍛えるのがもっともよいと考えます。

一番よい確認方法は「オウム返しでOKをもらえるか。」

「看舎さんの今の話は、◯◯ということですよね?」

これでOKがもらえれば、少し成長したことになります。

「一言で発言」ができること

これは上記を繰り返すと自然に鍛えられますが、効果的なのは

「一言で言うと・・・・」を繰り返すこと。

逆に、「で、何が言いたいんだっけ?」と質問されるのは

わかりやすく発言できてない証拠です。

■第三段階 「俯瞰できていること」

要は全体から考えた中での発言・考えかどうか。

ダメなパターンは、

一見論理だてて話をしているように見えても

上司などからすると

「ここがモレてるんだよなぁ」というケース。

もったいないですね。

上司に「私はこの件について俯瞰できていますか?」と

ストレートに聞くのもよいですが、

「自分はこれで俯瞰できているといえるのか?」

と自問自答を繰り返して「大丈夫かダメか」を

確認するのがよいと思います。

考える力が鍛えられると

同じ時間で成果がどんどん増えるので、

地道にトレーニングだと思って

意識してもらえるとよいと思います。

2017年3月10日

株式会社老人ホーム紹介センター 看舎桂太

最新情報

  • 代表看舎の仕事日記

    これ以上にない老人ホームをご提案!何件一緒に老人ホームを見学しても…

  • お客様の声

    大阪市旭区の老人ホームにご入居されたS様

  • 代表看舎の仕事日記

    再び来ない今日一日の時間を大切に!

  • 代表看舎の仕事日記

    仕事のパフォーマンスはお客様の想像を良い意味で超えること