2016.11.28

老人ホーム紹介センター 〜人として細やかな配慮が営業には必要〜

先日、とあるグループホームと新規でご提携をさせて頂きました。

ご契約後にパンフレットが郵送されてきたのは1部のみでした。

僕はがっかりしました。

理由は、お客様に1度紹介するとパンフレットの在庫が無くなってしまうからです。

この状況を先読みできれば数部同封しているはずです。

何気ない些細な出来事ですが、こういう部分を気にできる人とできない人ではのちに大きな差が生まれるとおもいます。

以前にも記載したかも分かりませんが、老人ホームにお客様と初回見学に行き、ご家族様が4人で伺った場合。

担当者がご家族様の1名にしか名刺を渡さずに挨拶を省略する時があります。

僕はこういう時も見ていて残念におもいます。

初めて、ご家族と老人ホームの担当者はお会いするのに名刺も渡さないまま、口頭で名前だけ伝えられて老人ホームを案内される営業マンと違う老人ホームではご家族様4名全員に名刺を渡す老人ホームでは恐らく4名全員に名刺を渡す老人ホームの方が好感を持たれるはずです。

ちょっとした気づいかい・・・営業担当者には必要だと僕はおもいます。

2016年11月28日

株式会社老人ホーム紹介センター 看舎桂太

最新情報

  • 代表看舎の仕事日記

    日々の意識が伝わる

  • 代表看舎の仕事日記

    本気で危機感を感じていること

  • 代表看舎の仕事日記

    介護甲子園を見るといつも感じること

  • 代表看舎の仕事日記

    11月11日はいい日、いい日、毎日、あったか介護ありがとうという語呂合わせで介護の日