2017.11.12

老人ホーム紹介センター 〜老人ホームを検討するお客様の涙〜

先日、お客様からのご依頼で初回面談を実施。

入居検討者様(82歳 女性 要介護3)と娘さんのお二人と面談しました。

入居検討者様は認知症が進み、

家族の介護疲れから老人ホームを検討中。

面談中に入居検討者様が泣かれました。

「私を老人ホームに入れるのか?」

と言い泣かれました。

正直、涙を見ると辛かったです。

しかし、僕はこの仕事に誇りを持ちご紹介してあげたくなる老人ホームもあります。

ケアマネージャーさんや娘さんに入居検討者様の状態は大丈夫かと確認をすると、

認知症ですぐに忘れるので忘れるので大丈夫です。

というお言葉が返ってきましたが、

その部分については正直辛かったです。

認知症で短期記憶がないから大丈夫ということは割り切らないといけないが、

辛いことでした。

満足して頂ける様にお客様に合った老人ホームをご紹介するべく頑張らせて頂きます!

一番良いのは自宅で最後まで生活することですが、

老人ホームも悪い場所では決してありません!

最適な場所であれば住みやすいはずです。

2017年11月12日

株式会社老人ホーム紹介センター

看舎桂太

最新情報

  • 代表看舎の仕事日記

    ヘルプマンだけは優先順位が一気にあがって先に読了する書籍

  • 代表看舎の仕事日記

    株式会社老人ホーム紹介センターが提供する子どもプロジェクト

  • お客様の声

    神戸市の老人ホームにご入居されたO

  • 代表看舎の仕事日記

    K-1 皇治選手の活躍を見るとまた、総合格闘技 日本拳法をしたくなります(笑)