2016.03.25

老人ホーム紹介センター 〜新人の特権を利用して大いに失敗するべきだと思います〜

本日、とある老人ホームの見学にお客様と訪問しました。

就任したての施設長さんのご対応でした!

新鮮さがあり、僕は嬉しかったけど、施設長は場数をこなしていないから不安なり、その不安がお客様に伝わってしまい老人ホーム見学後の帰り道で「あの施設長新人さんとはいえ大丈夫かな?」と一言。(新人施設長のフォローとしてきちんと部長さんが同席されていました)

誰でも必ず新人の時代はあります。

きちんと比較検討の老人ホームとの違いを説明をし、ご理解を頂きました。

どんな職種でも新人時代はあります。

新人の特権と僕は思っているのが、新人と言われている時代に大いに失敗をして失敗からたくさん学ぶべきだと思います。これが2年目以降になると新人には許せても2年目では許されないことがあります。

だから新人さんはもっともっと緊張を楽しみ、新人の特権を有効利用することをお勧めします。

最新情報

  • 代表看舎の仕事日記

    日々の意識が伝わる

  • 代表看舎の仕事日記

    本気で危機感を感じていること

  • 代表看舎の仕事日記

    介護甲子園を見るといつも感じること

  • 代表看舎の仕事日記

    11月11日はいい日、いい日、毎日、あったか介護ありがとうという語呂合わせで介護の日