2016.01.11

老人ホーム紹介センター 〜老人ホームのアピールポイントを理解〜

先日、お客様と見学同行が終了した後に、見学を終了した老人ホーム(サービス付き高齢者向け住宅)とお話しをしている際に介護士さんとご入居者様の比率を確認しました。

返答は2・5対1との回答でした。

お客様と見学同行時のサービス説明時は職員比率の話はしておりませんでした。

私はすぐに「見学に来られているお客様には2・5対1の職員比率をご説明した方が良いですよ」とお話しさせて頂きました。

なぜなら、老人ホームを希望しているお客様には職員比率を気にしているお客様が多いと感じているからです。

職員の数が多いからといって安心に繋がる訳ではないが、お客様は職員の比率を気にしている方がいらっしゃることは事実。

このブログ掲載の件に限らず、自分だったり会社の強みを理解していない人が多い。もちろん弱みも含めて。

強みを最大限に理解することは大切だと思います。

強みを理解している“つもり”の人が大半で理解していると思っていてもいざという時に勇気がないだけの人が多い気がします。

強みを最大限に活かして、磨きをかけて質を高めていきたいものです。

最新情報

  • 代表看舎の仕事日記

    老人ホームを運営している企業に老人ホームをご紹介した結果…

  • 代表看舎の仕事日記

    日々の意識が伝わる

  • 代表看舎の仕事日記

    本気で危機感を感じていること

  • 代表看舎の仕事日記

    介護甲子園を見るといつも感じること