2015.11.30

老人ホーム紹介センター 〜老人ホームの見方が違うと喜びの声を頂きました〜

週末はお客様と老人ホームの見学同行をさせて頂きました。

八尾市にある、とある老人ホームに伺った際のお話です。

見学同行を実施したお客様は半年前にも私が提案した老人ホームを見学されていましたが、その時は印象も良くなく契約に至らなかったとのこと。

お客様の各種条件を伺い、一度見学に行かれた物件が該当条件に入るので再度見学済み物件を含めて2物件の老人ホーム見学を実施しました。二度目の見学物件について、お客様より嬉しいお言葉を頂きました。

「看舎さんと再度見学をすれば、見る視点が違い、全く違う老人ホームの印象に見えました!」と嬉しいお言葉を頂き、仮申し込みをして頂けました。

僕は本当に変わったことは一つもしていません。

ただただ、お客様に比較検討している老人ホームの中で、Aの老人ホームにはあって、Bの老人ホームにはないものを明確にお伝えし、見学同行中に見て頂きたい箇所をお伝えしているだけです。

見学終了後、個人的には更に嬉しいことがありました。それは仮申込みをした老人ホームから電話がありました。

「半年前は違う老人ホームの紹介会社さんと来場されましたが、仮申し込みに至りませんでした。」とのことです。

僕は、他社よりも老人ホームのことをきちんとお伝えし、お客様に最適な老人ホームだと気づいて頂ける提案ができたんだと喜べました。でも、ここで浮かれていてはいけません。“僕”と同じやり方で“会社”として同じ対応を皆んなができるとは限りません。各々の特徴を活かしながら、お客様が見落としがちな情報をお伝えし、満足して頂ける様に提案の質を会社全体として高めることができるかが今後の課題だと思っています。

昨日のお客様には、老人ホーム見学終了後、お昼ご飯も呼ばれゴルフにもお誘いを頂くことができました。嬉しい話です。2日間で4物件の老人ホーム見学同行を実施させて頂いただけの僕に大切なお食事の時間を頂けるだけで嬉しいお話です。本当にありがとうございました!

最新情報

  • 代表看舎の仕事日記

    日々の意識が伝わる

  • 代表看舎の仕事日記

    本気で危機感を感じていること

  • 代表看舎の仕事日記

    介護甲子園を見るといつも感じること

  • 代表看舎の仕事日記

    11月11日はいい日、いい日、毎日、あったか介護ありがとうという語呂合わせで介護の日