2015.11.19

老人ホーム紹介センター 〜施設長の舵取りで老人ホームは大きく変わる〜

本日、約10カ月ぶりにとあるグループホームにお客様と見学同行を実施しました。

半年前に施設長は変わっていることは知っていましたが、挨拶がまだ終わっていませんでした。

お客様への対応やグループホーム内での取り組みが良い意味で以前と全く異なっていました。

全員参加型のレクリエーションでは要介護5の方に合わせる必要性があるので、要介護1の方が満足しない傾向にある。その反対もあるという考えのもとから、施設長が変わってから少人数制レクリエーションを実施しているとのこと。

例えば、京セラドームに野球観戦や海遊館、電車を利用してドッグカフェに行ったりなどです。

取り組み事例に対しても、ご家族向けに広報誌を発行したり明らかに良い意味で改善しておりました。

施設長も以前の施設長とは対応は違い、久しぶりにここまで良い意味で変化をしている介護事業所を拝見しました。

改めて、施設長の方向性や考え方などでここまで“変われる”という事例を見れて個人的にも参考になりました。

最新情報

  • 代表看舎の仕事日記

    老人ホームを運営している企業に老人ホームをご紹介した結果…

  • 代表看舎の仕事日記

    日々の意識が伝わる

  • 代表看舎の仕事日記

    本気で危機感を感じていること

  • 代表看舎の仕事日記

    介護甲子園を見るといつも感じること