2018.02.09

老人ホーム紹介センター 〜老人ホーム探しは親族の一押しも必要〜

いつも感じることがあります。

老人ホーム探しは家族様、キーパソンになる方の一押しも必要。

高齢者の方は住み慣れた家で最後まで過ごしたいと当然思います。

しかし、認知症・自宅で転倒して骨折・医療行為が必要になり自宅生活困難など様々な外的な要因でお一人、お二人でお過ごしができなくなる時があるのも事実です。

誰しもがその年代、年代ごとに『歳をとったと感じながらも、まだ元気!』と思っています。

僕もその一人です。

高齢者になると環境適応能力も低くなりがちです。

そんな時はやはり家族の理解、一押しも必要だと感じます。

家族が『まだ頑張れば一人で過ごせるかな…。』

『まだ大丈夫!』

など思ったり迷ったりすると高齢者たちは中々老人ホームを行くことを決心できません。

高齢者に比べると私たちはたくさんの情報に埋もれているので老人ホームのことを知っていますが。

高齢者は昔の老人ホームのイメージが強いです。

まずは現状確認から始まり、

素晴らしい取り組みをしている老人ホームが中にはあることを知っていただきたいです。

2018年2月9日

株式会社老人ホーム紹介センター

看舎桂太

最新情報

  • 代表看舎の仕事日記

    大阪の老人ホームで暮らす100歳高齢者の秘訣

  • 代表看舎の仕事日記

    超高齢社会を迎える日本で高齢者を狙った詐欺

  • 代表看舎の仕事日記

    罪償いで介護がよく選ばれるのはなぜなのか気になります…

  • 代表看舎の仕事日記

    鍛え抜かれた体は頑張った証