2017.07.02

老人ホーム紹介センター 〜細部に渡るこだわりが必要〜

つい先日オープンした初期費用が1,000万円以上する老人ホームの本棚です。

談話室兼食堂に設置されています。

老人ホームを案内する方はお客様に

「入居者様も読んでいる本棚コーナーです」

と案内していました・・・。

心の中で僕は「ん〜本当かな?どう考えても高齢者が読む、読みたいと思う本は見つからないよ・・・」

と思っていました。

その本棚の内容がこちらです。

老人ホーム紹介センター/株式会社老人ホーム紹介センター/大阪/兵庫

OCEANは雑誌のタイトルに露骨に、オッサンの欲しいものカタログって書いてます。

HERSは50代前後のファッション雑誌。

他も30代〜40代の男女が読書すると思われる書籍ばかりです。

僕は運営会社のこういう部分に違和感を感じます。

この本棚を、お客様に説明するなら素直に

「職員が読了した雑誌を置いているので、家族様はもちろん入居者とも共有しています」

の方がまだ綺麗だと思ってしまう。

初期費用だけで1,000万円以上お支払いする場所です。

拘っている様に“見せる”のは、違うと思います。

しっかりとした高級老人ホームの本棚は本当に高齢者が読むと思われる本棚になっています。

こういう見えない部分も家族様に僕はお伝えする場合もあります。

2017年7月2日

株式会社老人ホーム紹介センター

看舎桂太

最新情報

  • 代表看舎の仕事日記

    日々の意識が伝わる

  • 代表看舎の仕事日記

    本気で危機感を感じていること

  • 代表看舎の仕事日記

    介護甲子園を見るといつも感じること

  • 代表看舎の仕事日記

    11月11日はいい日、いい日、毎日、あったか介護ありがとうという語呂合わせで介護の日