2019.09.30

老人ホームの市場について

株式会社老人ホーム紹介センターでは大阪府と兵庫県(播州地域を除く)で物件(老人ホーム)を必ず確認した上でお客様に老人ホームのご提案を実施させて頂いています。

ここでは大阪だけの話をすると、天王寺を中心とした際に北摂と南部地域では市場や価格帯が全く異なります。

兵庫県も同じです。

たくさんの地域を対応しているからこそ分かる感覚です。

必ずしもお客様が近隣の老人ホームで最適な物件に出会う訳ではありません。

地域を広げれば広げるほど、お客様が求めている内容に近づけれると私は思っています。

ここが一番難しいところの1つでもあります。

理由は“距離感”が人によっては15分でも近いと感じる人もいれば、15分でも遠いと感じる人が存在するからです。

お客様と面談していて感じることは地域を広げれば広げるほど、求めている内容に近づけることができるということ。

そして、老人ホーム紹介業務を実施するにあたっても言えることは地域に特化した紹介企業よりも、広範囲で地域対応ができている老人ホーム紹介企業の方がお客様の要望に応えれる物件を多く所有しているという点。

なによりも、最近の紹介企業は老人ホームの物件確認をしないでお客様に提案する企業が多いのでこの部分をお客様は見極める必要はあると思います。

実際、私が別会社で運営しているサービス付き高齢者向け住宅では、現地(サ高住の)確認も来ていない老人ホーム紹介企業からのお客様紹介の問い合わせ電話が4社は確実にありました。

これが実情です。

いつかはこういう企業は淘汰されて、全うな企業だけが勝ち続けるので株式会社老人ホーム紹介センターではしっかりと突き抜けれる準備をしていきたいと思います。

インターネットの時代…便利だけど真実を見極める力を人それぞれ必要だと思います。

2019年9月30日

株式会社老人ホーム紹介センター

看舎桂太

最新情報

  • 代表看舎の仕事日記

    仕事は貸し借りの世界というものではない

  • 代表看舎の仕事日記

    営業マンの付加価値

  • 代表看舎の仕事日記

    ミリ単位にもこだわる

  • 代表看舎の仕事日記

    僕の中で身近なプロフェッショナルな人