2019.06.07

時間は平等

妻のママ友などに「旦那さんはなんでそんなに生き急いでいるの?」と冗談で聞かれることがあるみたいです。笑

僕の答えは“成し遂げたいことがあるから遣り抜きたい”です。

24時間は平等に与えられる。

6時間は寝る

10時間は働く

残りの8時間をなにに使うで人生は大きく変わる。変えることができると思っています。

時間は増えないからこそ、自分の夢の実現のために、何かを我慢しないと達成できない。

夢の実現には代償がつきもの。

あれもこれも平等に満たすことは難しいと思っています。

2019年6月7日

株式会社老人ホーム紹介センター

看舎桂太

最新情報

  • 代表看舎の仕事日記

    大阪府吹田市の地域包括支援センターでケアマネジャー様向けに老人ホームの実情についてセミナー実施

  • 代表看舎の仕事日記

    久しぶりの家族旅行

  • 代表看舎の仕事日記

    事務所の1部に仲間の写真

  • 代表看舎の仕事日記

    原田泳幸氏による経営実践研究会 初日参加