2020.05.29

採用を進める際の絶対条件!それは…。

僕の中で、採用を進める際の絶対条件があります。

それは『就職することが目的になっていないこと』です。

大半の方が、就職することが目的になっています。

だから故に、面接は仮面舞踏会でいい話や見栄っぱりな話の応酬です(笑)

僕はきっとどのレールにも乗っかっていなくて、自分の会社の良し悪しを必ず伝えます。

なぜならば、入社してからの“ズレ”を少しでも無くしたいからです。

面接に来る人は、勝手に期待を胸を踊らせて良い様に、良い様に解釈して面接や入社に至ります。

そして、入社をして自分で勝手に夢見た景色との違いにズレを感じて退社に至ります。

僕は下積み時代の苦労話はもちろん、どの様にすれば老人ホームコンシェルジュとして自分の価値が高まるかなどしっかり伝えます。

だからこそ、自信に誇れることは創業以来、離職率0です。

これは胸を張れる数字です。

これは、面接での段階でありのままの株式会社老人ホーム紹介センターを話しているから離職率0に繋がっていると思っています。

次に入社してくれる新しいメンバーの輝いている目を見ると、身が引き締まる思いです。

しっかりと前に進んでいきたいと思います。

来月に起こる新しい風を楽しみにしています。

老人ホームコンシェルジュ 看舎桂太

  • by 老人ホーム紹介センター スタッフ

最新情報

  • 代表看舎の仕事日記

    自分に矢印を向けることの大切さ

  • 代表看舎の仕事日記

    仕事とは戦争だと思っている

  • 代表看舎の仕事日記

    どんな業界でも同じことだと思うこと

  • 代表看舎の仕事日記

    社外営業はもちろん、社内営業も大切