2018.08.31

僕の経営者として役割は進化を追求すること

僕は常に現場にしか答えは落ちていないと思っています。

事実現場で営業活動を実施することで市場の変化などを感じることができます。

老人ホームの業界もこの5年で明らかに変化があります。

僕は人数が大なり小なり関係なく、一人運営している老人ホーム紹介センターとは違い何名も仲間(社員)を抱える企業。

僕の経営者としての仕事の1つでもある、進化を追求すること。

僕が必ずやるべきことで、指針を示すべき必要があること。

大変革を巻き起こす。それが僕の存在意義でもある。

時には挑戦している過程で失敗ももちろんすることもある。

しかし僕は、転んでもただでは起きない自信がある。

そう言える実績はあるはずだ。

信じてくれている人の期待にも応えたい。

明日、9月からは株式会社老人ホーム紹介センターの第二章と題した新しい展開がスタートします。

昨日、お客様から頂いた言葉「今後も看舎さんに出会った人は助けてあげてね!良い老人ホームを紹介してあげてね!!」口約束とはいえ、必ず守れる人間になるべく頑張ります。

2018年8月31日

株式会社老人ホーム紹介センター

看舎桂太

  • by 老人ホーム紹介センター スタッフ

最新情報

  • 代表看舎の仕事日記

    老人ホームを運営している企業に老人ホームをご紹介した結果…

  • 代表看舎の仕事日記

    日々の意識が伝わる

  • 代表看舎の仕事日記

    本気で危機感を感じていること

  • 代表看舎の仕事日記

    介護甲子園を見るといつも感じること