2018.11.14

介護甲子園を見るといつも感じること

介護甲子園を終えるといつも感じることがあります。

「知らないだけで、全国に目を向ければ素晴らしい取り組みを実施している介護事業所がたくさんある」ということです。

私は約9年間兵庫県と大阪府のサービス付き高齢者向け住宅や老人ホームはたくさん物件確認を実施してきました。

介護甲子園を通して、全国の様々な取り組みを実施している介護事業所に触れると全国にはまだまだ面白い取り組みをしたり、志が高い事業所があるな〜嬉しいな〜と毎年思います。

いずれ自分たちも通る道の介護の道、仕事を通して今から素晴らしい取り組みを実施している事業所を1つでも多く増やしていきたいものです。

11月14日

株式会社老人ホーム紹介センター

看舎桂太

  • by 老人ホーム紹介センター スタッフ

最新情報

  • 代表看舎の仕事日記

    子供の教育と従業員教育は似ていると思う

  • 代表看舎の仕事日記

    自分の強みの1つは継続することができること

  • 代表看舎の仕事日記

    大阪府吹田市の地域包括支援センターでケアマネジャー様向けに老人ホームの実情についてセミナー実施

  • 代表看舎の仕事日記

    久しぶりの家族旅行