2020.07.16

五年後のビジネスを考えることが多いここ数ヶ月

9月から僕の中では、攻めの5年間を過ごす予定です。
次の5年間で老人ホームコンシェルジュにしかないサービスを模索したいと考えております。
挑戦したいと考えております。
そのためには、一人一人業界屈指のスペシャリストになる必要があります。
発想の転換で、駄目なモノを良く出来ると想像しています。
良いモノは安心すると悪くなる。
ピンチとチャンスはいつも隣り合わせ。
良い時こそ、気を引き締め、今が絶頂とならぬように気をつけること。
仕事は戦争だと思っているので、絶好調な時こそ立ち止まって冷静に物事を捉える必要がある。
大切な人にきちんと感謝の気持ちを伝えて、失わない様にすることも大切。
老人ホームコンシェルジュ 看舎桂太
  • by 老人ホーム紹介センター スタッフ

最新情報

  • 代表看舎の仕事日記

    僕がメラメラと燃えて成功体験を教えてあげないといけない

  • 代表看舎の仕事日記

    年間目標達成でオーダースーツをプレゼント

  • 老人ホームコンシェルジュチャンネル

    【幸 曙川東】 元ソーシャルワーカーの運営している老人ホームとは?

  • 代表看舎の仕事日記

    最近は色々な価値を考えることが多い