2019.12.09

ミリ単位にもこだわる

木村拓哉大好きな自分は、木村拓哉ドラマの中で恐らく一番好きなドラマになった『グランメゾン東京』です。

このドラマから仕事面で考えさせられることが非常に多いです。

例えば…僕は経営は「ミリ単位」でこだわらないといけないと思っています。
仕事で「まぁいいか!」は絶対にしてはいけないことです。

このミリ単位のサービスが素晴らしいクオリティを提供すると思っています。

日々、スピーディーに課題解決を繰り返せば、今よりもっと良いサービスが作れて、もっと良いブランドになると思っています。

手を抜いたり雑に放置していると、クオリティーはさがり、そうなると、お客様もスタッフも笑顔でいれないと思います。

スピード感を大切にしながらクオリティ を求め、「本当のベストを追求」する必要があります。

成功は、関わる全ての人達を笑顔にします。

必ず株式会社老人ホーム紹介センターでやり遂げてみせます。

老人ホームコンシェルジュ 看舎桂太

  • by 老人ホーム紹介センター スタッフ

最新情報

  • 代表看舎の仕事日記

    約10年老人ホームをみてきた中で初めてみた設備

  • 代表看舎の仕事日記

    高級老人ホームだから良いという話は実在しない

  • 代表看舎の仕事日記

    娘の誕生日

  • 代表看舎の仕事日記

    大切な仲間