2019.11.25

“いいね”って言われるサービスより、少し抵抗あるくらいがちょうど良い

僕の感覚ですが「誰もが良いね」と言う事業の企画は意外と失敗すると思っています。

誰かしらに「それは無理でしょ」と言われた方が上手くいくと思っています。

モノの見方として商売の独自性は、

「逆転の発想」から生まれたりする。

現状に合わせるのではなく「新たにつくるもの」だから難しく面白い。

今、新しいアイデアが生まれてるんですが、きっと誰かに伝えると“いいね”“面白そう”ってなる気がします。

もう一捻り必要です。

老人ホームコンシェルジュ 看舎桂太

最新情報

  • 代表看舎の仕事日記

    認知症専用のフロアを完備しただけの老人ホームでは意味がない!

  • 代表看舎の仕事日記

    入居をするお母様のことを考えて地域を広げる勇気

  • 代表看舎の仕事日記

    老人ホームさんにはお客様にしっかりと説明して欲しいことがたくさんある

  • 代表看舎の仕事日記

    できる限りに世の中で流行っていることを体感することを意識している