2019.11.25

“いいね”って言われるサービスより、少し抵抗あるくらいがちょうど良い

僕の感覚ですが「誰もが良いね」と言う事業の企画は意外と失敗すると思っています。

誰かしらに「それは無理でしょ」と言われた方が上手くいくと思っています。

モノの見方として商売の独自性は、

「逆転の発想」から生まれたりする。

現状に合わせるのではなく「新たにつくるもの」だから難しく面白い。

今、新しいアイデアが生まれてるんですが、きっと誰かに伝えると“いいね”“面白そう”ってなる気がします。

もう一捻り必要です。

老人ホームコンシェルジュ 看舎桂太

最新情報

  • 代表看舎の仕事日記

    世界一の練習を積めなくなったこと

  • 代表看舎の仕事日記

    気づける力

  • 代表看舎の仕事日記

    三連休の中で見つめ直して感じたこと

  • 代表看舎の仕事日記

    心のモチベーションや整理をこの三連休に時間を作りました