2019.04.30

この悔しさはまた明後日にとっておきたい…羽生結弦

ゴールデンウィークはうさぎとかめの亀週間と位置付けている看舎です。

羽生結弦選手の3月に開催された、さいたまスーパーアリーナフィギュアスケート世界選手権でのコメントです。

羽生選手「集中できてなかった。結果が出てないということは練習がつめていないということ。最初のジャンプで失敗して焦っていた。一生懸命になりすぎていた。」

そして、「この悔しさはまた明後日にとっておきたい」と自分の課題をしっかりと見れています。

若干24歳にして上を上を向いて挑戦して努力して、尊敬できます。

ビジネスもスポーツ界も結果が全て!

このゴールデンウィークを活かして活かして、差をつけたいと思います。

2019年4月30日

株式会社老人ホーム紹介センター

看舎桂太

  • by 老人ホーム紹介センター スタッフ

最新情報

  • 代表看舎の仕事日記

    ケアマネージャー向けのセミナーを実施

  • 代表看舎の仕事日記

    結婚記念日に毎年1本の薔薇が増える仕組み

  • 代表看舎の仕事日記

    成功している人は人並み以上の努力をしている

  • 代表看舎の仕事日記

    株式会社老人ホーム紹介センターが環境問題に対してできること