2019.02.05

「電話は苦手」なSNS世代 企業がイチから指導という記事

先日、日経新聞でこの様な記事を拝見しました。

起業家として、まだまだ走り出して約5年目ですが、同じことをいつも感じています。

学校では教えてくれない、営業の仕方、社会で生きていく知恵、電話対応の仕方、礼儀作法などなど社会に出て生きていく、活かしていく為のことは企業(会社)が教えています。

掃除の仕方ひとつ教えてあげないといけないことが現実です。

きっとどんな職種の企業も社員教育が永遠のテーマだと思います。

きっと働いているスタッフが常に、人間的成長を求める人材ばかりだと凄いチームになりそうで体感してみたいものです(笑)

僕たちも何年かけてでも、株式会社老人ホーム紹介センターなりの育成スケジュールを完成させてみせます。

2019年2月5日

老人ホームコンシェルジュ

看舎桂太

  • by 老人ホーム紹介センター スタッフ

最新情報

  • 代表看舎の仕事日記

    自分の100歳まで残り23,293日

  • 代表看舎の仕事日記

    現状維持は退化と同じ!

  • 代表看舎の仕事日記

    死ぬ物狂いで頑張っている人との違い

  • お客様の声

    大阪市東住吉区の老人ホームにご入居されたお客様